お声をかけていただき、作家の大畑公成さんの展示を見に行ってきました。キャッチ画にもしている、カウンター向かいにあった絵がいちばんお気に入り。うきうきする色の海。部屋を側面をこのデザインで塗ってほしい。

キャンバス1枚あるだけで空間が華やぐね

以前、神戸のアートイベントで抽象画家の方と知り合う機会がありました。その方はもともと写実的な作品を制作されていたそうですが、スランプに陥っていたあるとき突然、抽象画を描くようになったようです。これが自分のかたちだと確信を得てからは、もう抽象画しか描かなくなったと話してくれました。専門的なことはよくわかりませんが、いまいち抽象的な表現が理解できなかった私に優しく説明してくれました。

アーティストの方と話していると、どの方もパッションが滲み出ていておもしろいです。この大畑さんはどういう人なんだろうなと思いながら、モチっとしたセサミベーグルをほうばりました。