今日はHappy Earth Dayのようですね。

菊水山、鍋蓋山から再度山

最も魅力的な六甲のルート

正直、街のお山、六甲山系は好みではありませんでした。山なみを拝める壮大な眺望が好みなので、どうしても山深いトレイルに目がいきます。

今回の歩いたトレイルは、六甲ハイカーバッジ獲得のためだけの山行でした。しかし、起点の鵯越に着き空気を吸い込んだ瞬間、”なんかええとこやなあ”と感じました。ハイカーも多い六甲山頂を目指すルートに比べると地味なルートかもしれませんが、私は六甲山系のなかで最も魅力的なトレイルに感じました。六甲へのハイキングと言ってもこんなに印象が違うんですね、おもしろい。

再度山系へは何度か登っていますが、鵯越駅スタートのルートは初めてでした。神戸駅からバスに乗り、鵯越駅前で下車。駅前の踏切を渡って右脇にハイキングルートへの入り口があります。

鵯越駅

山のほうは霞がかっていましたが、とても清々しい空気でした。

心地よいトレイルではいつもお気に入りのミュージカルが鳴り響きます。今日はBAND WAGON。鼻歌まじりで映画のなかで見たダンス歩きをしていると、急に前からトレランのお兄さんが現れて驚きました。六甲山系では、歌ったり独り言を言ったりするとき、高確率で人に遭遇します(笑)

最近毎日取り憑かれたように作っているビーズアクセをいくつか着けてきました。ビーズの指輪は、日焼け止めも水も気にせずガシガシ使えるので山用にしようと思います。ただ、ビーズネックレスは、山行中汗ばむ首元にビーズが食いこんで不快だったので、これは普段用に。

湿気を帯びて澄んだ空気中に鳥の声が聞こえてきます。心地よい雰囲気です。

天気がよくハイカーさんの姿もちらほら

明日のための寓話

Happy Earth Dayということで、山を歩きながら環境のことについて考えていました。

”明日のための寓話”は”沈黙の春”の第一章の好きなタイトルです。

SDGs

最近は、SDGsの言葉を多く見かけるようになりました。日常生活に直結した環境アクションは重要で効果的です。ただ、なかには企業のグリーンウォッシングもあり、われわれ消費者も商品を手に取る前に一旦考えてみる姿勢も大事だと思います。見た目だけでは分からないので、気になった場合は、公正な第三者の立場で紹介している環境アクティビストの方や環境系メディアの発信をいくつか参考にしています。

このルートは眺望もよい

日常生活からの環境アクションが重要な理由

山を歩いたり、海に入ったり、自然のなかに身をおいてみると、街なかよりも五感がフル活動しているような感覚になります。森林の匂いや鳥の声、土を踏み締める感覚、緑と思っていた山には実にいろんな色が潜んでいます。

ついつい忘れがちになりますが、ヒトもその豊かな生態系に生きている動物、有機体です。地球内では、いろんな命が、物質が循環して成り立っています。汚染物質も例外ではなく、地球のなかの循環に入り込むと、必然的にそのサイクルに取り込まれ、生物濃縮が行われた結果、さらに害は大きくなっていきます。人への健康被害だけにフォーカスを当てるならば、生態系への攻撃は人への攻撃、生態系への労りは人への労りです。

循環”の言葉をイメージするとき、雨が地面に浸透していきやがて雲となり雨や雪を降らすイメージをよく思い浮かべます。子どもの頃、豪雪地帯の日本海側で数年間住んでいました。初めて見るふわふわとした新雪を口に入れます。その光景を見て大人たちに「汚いからやめなさい」と言われました。おそらく大人たちが汚いと言ったのは、雪に混じる泥や埃やチリなどもあったのでしょうが、当時は真っ白で綺麗な雪なのになんでだろうと思っていました。しかし、当時読んでいた環境の本に酸性雨の解説が漫画でわかりやすく説明してあり、そのとき初めて酸性雨というものを知りました。これは、”循環”を意識した最初の体験だったように思います。

取り組みやすい具体的なこと

マイボトルやマイバックは実践されている方が多いのではないでしょうか。しかし、日本のスーパーの光景はプラ天国。野菜がプラでぐるぐる巻きにされている光景は居心地の悪い気分になります。ヨーロッパ諸国を旅していると、いるぶんだけちぎってレジに持っていくと量り売りをしてくれるところが多いです。一人旅だと、ちょっとだけほしいということも多いので、それでいてコストも抑えられるので量り売りシステムは気に入っています。

レジ袋が有料になりマイバッグは普及したものの、マイバッグに入れる際に透明のプラ袋を大量に活用している方も見かけます。手持ちの他の袋を活用してもいいですし、なければ、マイバッグに入れる際の小分け袋としてプロデュースバッグというものもあり、値段もお手頃なのでおすすめです。洗濯でき、何度も利用できます。

包む文化

先のスーパーで見かける野菜のプラ包装だけでなく、日本の過剰包装はよく聞く話く話だと思います。まだ海外旅をはじめて間もない学生の頃、海外生活の経験もあった親友から海外生活あれこれをよく聞いていました。”海外旅行行くならマイバッグ持っていったほうがいい”とか”袋なくて中身このまんまなんだけどこれお土産”とかいうやりとりがあり、当時は、外国ってなんだかそっけないサービスだなと思ったこともありました。かわいいパッケージや包装に心惹かれるお年頃で、今思えば、綺麗に包装、梱包されていることに慣れすぎていました。認識が変われば印象も変わります。

日本の”包む”という行為はもともと相手への敬意やまごころが形になったものだと思います。しかし現在、包むものは圧倒的にシングルユースのものが多く、敬意は一瞬にして永遠に分解しがたいゴミになります。先日、気に入った雑誌のページを加工し封筒にして再利用しているような方の発信をみかけ、その美しさにいろいろな”包み方”があるのだなと感心しました。

しかし、地球の寿命を縮めるものは確実に減らさなければいけません。包むことで日本人が大切にしてきたと言われる相手に対するの敬意は失われるものではなく、また別のかたちで表せるものだと思います。私も、古典文学が好きなこともあり、受け継がれてきた伝統や文化には興味があります。ただ、時代とともにその在り方をシフトしていくのは自然な流れだと思います。

水の音が心地よい

断ること

飲食店やショッピングの際、”当たり前”に付いてくるシングルユース品のサービスに「それ、結構です、要りません」と言える回数を増やしていくことから始めてみてはいかがでしょうか。初めは、せっかく言ってくれているのにと申し訳なく感じることもあるかもしれません。店先で「それ、そのままで大丈夫ですよ」というと「え?いいんですか。すみません」と逆に謝られることもあり妙な気分になることもあります。袋に入れることは個人の判断ではなくその企業判断なのだと思いますが、これは消費者側の認識も変えていくことが大切だなと思います。消費者が選ばないサービスを企業はあえて推奨しないと思います。不要だということは提案してくれた方への否定でもありません。まずは、小さなアクションから。

ふと眺めると魅惑の景色が